MENU

関西マツダ

menu
main

ボディコーティング

“愛車”の輝きが持続する!選べるコーティング

ボディコーティングの効果について

塗装面を保護し、ツヤと光沢を長期間維持する
車の塗装面は様々な外的要因(紫外線・雨水に含まれる酸化物や化学物質ほか)によって劣化します。 コーティングすることでガラス質の硬い被膜によって保護し、新車のツヤと光沢を長期間にわたり維持します。
強い撥水効果によって、水滴や汚れをつきにくくする
塗装面の繊細な凹凸を撥水性を持ったコーティングによって平坦(滑らか)にし、雨水や汚れをつきにくくする効果があります。
日頃の洗車がカンタン
汚れがつきにくいだけでなく、簡単に落ち、洗車時の拭き取りも早くカンタンです。
ボディコーティングは車の塗装面を高次元で保護するものですが万能ではありません。
様々な外的要因(雨、水道水、花粉、鳥糞、樹液など)により、ボディの塗装面がダメージを受けるリスクは常に発生します。
そこで、お客様ご自身による日頃のメンテナンスが「コーテイング効果」を長期間維持させ、きれいなボディを守るためには重要となります。

ボディコーティングと
従来のワックスとの違い

従来のワックスでは、汚れや水滴が残ってしまいます。
塗装保護というと「ワックス」が一般的ですが、従来の「ワックス」は塗装面の上に一時的な油膜を形成するもので、耐久性や硬度に優れません。「ボディコーティング」とはクルマのボディに特殊な液剤を塗布することで被膜を形成し、長期間新車時の輝きを維持すると同時に、傷や汚れをつきにくくする処理です。
ワックス
従来のワックスは短期間で撥水効果が損なわれ、水滴の流れが悪くなり、雨ジミの原因となります。
ボディコーティング
優れた滑水性被膜により、ボディに汚れが付着しにくくなります。

ボディコーティングの種類について

ガラスコーティング
塗装面にガラス質の硬い被膜が形成されるものを「ガラスコーティング」と分類しており、撥水性・耐久性等のクオリティが高いのが特徴です。
施工に高い技術力が必要なプロ仕様のコーティングです。
ガラス系コーティング
主にポリマー系とフッ素系のコーティングを総称して「ガラス系」と呼びます。商品によっては施工が簡単で、カー用品店でも販売しているものもあります。一般的にはコーティング効果の持続期間は「ガラスコーティング」よりも短く劣化しやすいためにこまめなメンテナンスが必要です。

愛車の美しさを守る3タイプのボディコーティングをご用意

プレミアムタイプ
ウルトラグラスコーティング

HYPER
“HYPER”の特徴
耐久性
光沢感
撥水性

ハイグレードタイプ
ウルトラグラスコーティング

NE’X
“NE'X”の特徴
耐久性
光沢感
撥水性

スタンダードタイプ
マツダ純正ボディコーティング

MG-PREMIUM
“MG-PREMIUM”の特徴
耐久性
光沢感
撥水性

スタンダードタイプ
マツダ純正ボディコーティング

MG3
“MG3”の特徴
耐久性
光沢感
撥水性

日頃のお手入れについて

コーティング効果を長く持続させ、美しいボディコンディションを維持するために、お手入れのポイントと付属メンテナンス商品の使用方法をご紹介します。