MENU

関西マツダ

menu
main

健康経営方針

関西マツダは、「個人」と「チーム(組織)」が活性化した企業となることを目指しています。このことを実現するために、社員一人ひとりの健康増進と「安心」「安全」「快適」に仕事ができる職場環境の整備に積極的に推進していきます。代表取締役 平 正憲

関西マツダの健康宣言

  • 社員一人ひとりの健康は、
    社員本人だけでなく
    ご家族の幸福の源泉であり、
    関西マツダ成長発展の源泉です。

  • 関西マツダでは、社員が自分発で
    自らの健康維持増進に取り組み、
    会社は「安心」「安全」「快適」な
    職場環境の実現を目指し真摯に取り組みます。

関西マツダの具体的な取組み

定期健康診断受診を
100%実施します
健康維持の基本として100%受診のため、社員一人ひとりにきめ細かいフォローを実施します。
健康診断後のアフターフォローを充実します
診断結果を確認し、要治療&要注意社員に対して、再受診を強く促進し疾病の重篤化の防止に努めます。
ストレスチェックを
100%実施します
心の健康を保つため、また心の病の早期発見のため100%実施します。
インフルエンザ等感染症の防止に努めます
感染症の中で頻発するインフルエンザ防止のため、予防接種の実施を促進します。またエリアで発生した感染症への啓発&予防活動を実施します。
時間外労働の削減と年次有給休暇取得を促進します
仕事の平準化を推進することで時間外労働の削減に努めます。半日有給休暇制度等活用により社員一人ひとりのライフスタイルに合わせた休日取得を推進します。
受動喫煙防止による快適な職場づくりに取り組みます。
禁煙者への配慮を厳格とするために 職場の分煙化・社用車の禁煙化を実施し、更に継続的に喫煙者への禁煙働きかけを行います。

2020年の関西マツダ安全衛生への主な取組み

通年
  • ゼロ災害運動の展開
  • 乳がん検診、前立腺ガン検診の補助金支給 (健康保険組合)
毎月1回
  • 安全衛生委員会の開催
1月
  • 雇入時健康診断の実施
2〜4月
  • 特定保険指導実施 (対象者)
3月
  • BPセンター特殊健康診断実施 (有機溶剤・特定化学物質)
4月
  • 全社員ソフトボール大会 (※労働組合主催)
9〜10月
  • 全社員定期健康診断実施
  • BPセンター特殊健康診断実施 (有機溶剤・特定化学物質)
10月
  • ストレスチェックの実施
10〜12月
  • インフルエンザ予防接種
不定期
  • イントラネットへの健康通信の掲載

安全衛生への取組み例

  • 安全衛生委員会の開催

    安全衛生委員会の開催

  • 積載車両が店舗へ出入りする場合は必ずスタッフが誘導

    積載車両が店舗へ出入りする場合は
    必ずスタッフが誘導

  • 全社員ソフトボール大会

    全社員ソフトボール大会

労働災害発生状況

  発生件数
平成26年度 1件
平成27年度 0件
平成28年度 0件
平成29年度 0件
平成30年度 1件

関西マツダ
健康経営・安全衛生実施体制

関西マツダ 健康経営・安全衛生実施体制

関西マツダ健康経営対前年比と3年後ありたい姿

  • 表は横スクロールできます。
 
2018年度
2019年度
2022年度
月平均総労働時間
178時間
175.2時間
172時間
月平均所定外労働時間
15時間
14.1時間
12時間
法定外労働時間45時間超
年間延べ発生人数
61人
10人
0人
法定外労働時間80時間超
年間延べ発生人数
0人
0人
0人
平均年次有給休暇取得率
18.3%
47.7%
55%
平均年次有給休暇取得日数
4日
8.6日
10日
定期健康診断受診率
100%
100%
100%
精密検査受診率(※1)
27.3%
24.7%
50%
40歳以上喫煙率
41.6%
40.5%
20%
40歳以上運動習慣比率(※2)
18.0%
18.9%
35%
ストレスチェック実施率
98.6%
99.7%
100%
  • 1. 精密検査受診率は通知を受けた従業員のうち、精密検査を受診した人の割合
  • 2. 1週間に2回、1回当たり30分以上の運動を実施している人の割合